線路検測

メインビジュアル

鉄道事業者の設備管理の一部である軌道変位の測定、レール傷の探傷を行っています。
軌道総合検測車やレール探傷車を用いて、質の高いデータを提供します。

検測業務

鉄道事業者の検測及びデータ解析業務に従事しています。検測データは、鉄道事業者の軌道整備計画及び仕上がり確認に不可欠なものであります。業務内容としては検測車に乗って検測作業に従事する他、検測データ処理等を行います。 また、自社で牽引式軌道検測装置(狭軌用・標準軌用)を所有しております。この牽引式軌道検測装置は10tユニック車で運搬し、現地で離載線を行うことが出来るため、より多くの鉄道事業者様の検測業務への貢献を目指しています。

Image of East-i(新幹線)
East-i(新幹線)
Image of East-i(在来線)
East-i(在来線)
Image of 牽引式軌道検測装置
牽引式軌道検測装置 牽引式軌道検測装置の
詳細はこちら

探傷業務

新幹線用・在来線用それぞれ保守用車タイプのレール探傷車(5両)により、精度の高いレール探傷・摩耗測定を行っています。また、機動性の高い軌陸車タイプのレール探傷車を1両所有しています。こちらは道路を回送可能で踏切から容易に離載線を行う事が可能です。この軌陸車タイプレール探傷車は狭軌・標準軌の切替が可能であると共に、保守用車型と同等機能を有しています。

Image of 探傷車(在来線)
探傷車(在来線)
Image of 軌陸探傷車
軌陸探傷車
Image of 探傷車内部
探傷車内部

社員紹介

Image of 酒美 康之

酒美 康之

検測事業部(1994年入社)

私は、新しい軌道検測、レール探傷システムの導入等に携わっています。現在の企画部門に従事する立場としてのネットワークや技術連携を生かして、新たな業務改革、生産性向上等を実現するとともに、自分自身の技術力向上、後輩社員の人材育成に努めていきたいと考えています。

Image of 栗原 宏幸

栗原 宏幸

東京検測支店(2015年入社)

私は、軌道検測およびレール探傷業務に従事しています。この仕事は、公共性が高く間接的に巨大な鉄道ネットワークを支えることが出来る、非常に魅力的な仕事です。鉄道の安全を守る最前線で働いていることを意識して、これからも仕事に取組みたいと考えています。

Image of 鈴木 輔

鈴木 輔

仙台検測支店(2006年入社)

私は、軌道総合検測車(East-i)に乗務し、線路の検測・データ解析業務に従事しています。私たちの仕事は列車の運行を支えるうえでとても重要な分野であり、大きな役割を担っています。それが「お客さまの安全」に繋がり、社会や地域の発展に貢献できることにとても大きなやりがいを感じます。

Image of 丸鶴 寿也

丸鶴 寿也

仙台検測支店(2014年入社)

私は、レール内部の状態を専門に検査する車両であるレール探傷車の業務に従事しております。公共の輸送機関である鉄道の安全安定輸送に貢献するとともに、専門性が高く、技術的にもやりがいのある仕事です。

事業内容に戻る